トップページ公開資料

公開資料

全国精神保健福祉センター長会では、精神保健福祉について利用可能な「公開資料」を2015年から順次ホームページに掲載しております。
「公開資料」は、「全国精神保健福祉センター長会ホームページにおける著作権・リンク等についての考え方」の記述に関係なく、自由にダウンロードして、ご使用いただくことが可能です。リンクもご自由にどうぞ。使用にあたり、センター長会に許諾を求める必要はありません。ただし、商用での使用はお断りします。

一般向け公開資料


依存症
 「お酒は二十歳になってからっていうけど」(中高生向けリーフレット)
   PDF版 (364KB)  (1.11MB)  /PowerPoint (2.85MB)
「体と心を大切に〜災害にあうと心だってケガをしますよ〜」(被災者向け)
   PDF (130KB)Word (57KB)
「こころだってけがをすることがあるんだよ」(小学校低学年1〜3年の保護者向け)
   PDF (130KB)Word (63KB)
「こころだってケガをすることがあるんだよ」(小学校高学年4〜6年の保護者向け)
   PDF (127KB)Word (61KB)
「心だってケガをすることがあります」(中学生・高校生の保護者向け)
   PDF (134KB)Word (66KB)

支援者向け公開資料


「災害 支援者ガイド」
PDF (449KB)Word (990KB)PowerPoint (659KB)
「学校の危機対応と心のケアの手引き」(教師向け)
PDF (525KB)Word (164KB)PowerPoint (1.05MB)
「学校危機 支援者ガイド」
PDF (544KB)Word (1.29MB)PowerPoint (763KB)
「学校危機 支援者ガイド2」
PDF (401KB)Word (202KB)PowerPoint (253KB)
「学校危機対応 こころのケアチームガイド」
  PDF (558KB)
印は、全国CRT標準化委員会より著作権の譲渡を受け、全国精神保健福祉センター長会が管理しています。

公開資料の詳しい利用条件について

公開資料は自由にご利用いただくことができますが、いわゆる個人利用の範囲を超える場合は、以下のようにお願いします。(2018年11月15日改訂)

配布について
・普及啓発や教育研修、相談支援のための配付は構いません。

緊急時の配付について
・災害等の緊急時に配布するリーフレットに関しては、精神保健専門職が状況に合わせて一部手直しされても構いません。

引用について
・自分の著作物等に一部を引用される場合は、出典を明記されれば十分です。

大量転載について
・行政機関や学校・教育委員会、専門職団体(医師会など)、研究機関が発行するマニュアル等(非売品に限る)への大量転載の場合は、「転載箇所に*印をつけて巻末に出典記載する」で十分です。

ホームページへの掲載について
・行政機関や学校・教育委員会、専門職団体(医師会など)が運営するホームページにそのまま掲載される場合は、全国精神保健福祉センター長会ホームページへリンクを張り、出典を明らかにしてください。

文章等の改変について(※印は精神保健福祉センターを除く)
・文章等を改変してマニュアル等(非売品に限る)を作成されるのは、行政の専門機関(精神保健福祉センター、保健所、保健センター、児童相談所など)、教育委員会、専門職団体(医師会など)、研究機関に限らせていただきます。個人による改変はご遠慮ください。
・二次的著作物として許諾はいたしません。「全国精神保健福祉センター長会発行『××××』を基に○○が作成しました。 改変部分の著作権も全国精神保健福祉センターに帰属します」と巻末等に記載してください。※
・改変物をホームページへ掲載する場合は、全国精神保健福祉センターホームページへリンクを張ってください。 ※
・イラストのみの使用はお断りします。(イラストはフリー素材ではなく、著作権は作者等に帰属します)※