トップページ今年度事業計画

平成28年度事業計画

1 総会
定期総会 平成28年 7月14日(木)〜15日(金) (東京都)
2 理事会 年3回
第1回 平成28年 7月15日(金) (東京都)
第2回 平成28年10月25日(火) (大阪府)
第3回 平成29年 2月頃(未定) (東京都)
3 常任理事会 年4回
第1回 平成28年 4月 9日(土) (東京都)
第2回 平成28年 6月25日(土) (東京都)
第3回 平成28年 9月(未定) (東京都)
第4回 平成29年 1月(未定) (東京都)
4 全国精神保健福祉センター長会会議
平成28年10月25日(火) (大阪府)
5 全国精神保健福祉センター研究協議会
平成28年10月25日(火)〜26日(水) (大阪府)
6 全国精神医療審査会長会・精神保健福祉センター所長会議(厚労省主催)
平成29年 2月頃(未定) (東京都)
7 大都市部会 年2回
第1回 平成28年 7月14日(木) (東京都)
第2回 平成29年 2月頃(未定) (東京都)
8 調査研究と学会発表等
平成28年度調査研究
(1) 地域保健総合推進事業「保健所,精神保健福祉センター等の連携による,ひきこもりの地域生活支援の状況と課題に関する研究」 白川教人,原田豊,福島昇,井上悟,熊谷直樹,田中治,畑哲信,小石誠二,二宮貴至,松本晃明,辻本哲士,太田順一郎,野口正行,河野亨,林みづ穂,増茂尚志,新畑敬子,小野善郎,小原圭司,土山幸之助,竹之内直人
(2) 厚労科研精神障害者の地域生活支援を推進する政策研究(研究代表者藤井千代) 分担研究「自治体による効果的な精神保健医療福祉体制構築に関する研究」 野口正行,熊谷直樹
(3) 厚労科研 アルコール依存に対する総合的な医療の提供に関する研究(研究代表者 樋口進) 分担研究「アルコール依存症の治療・社会復帰に対する医療機関,行政,自助グループ社会フック施設等の連携の在り方に関する研究」第3報 白川教人,太田順一郎,岡崎直人
(4) 厚労科研 刑の一部執行猶予下における薬物依存者の地域支援に関わる政策研究(研究代表者松本俊彦) 分担研究「自治体による薬物依存者支援のあり方と支援体制構築に関する研究」 白川教人,田邉等,小泉典章,小原圭司,増茂尚志
(5) ギャンブル障害の疫学調査,生物学的調査,医療・福祉・社会的支援のありかたについての研究(研究代表者河本泰信) 「ギャンブル障害の保健・福祉的支援のあり方についての研究」白川教人,田邉等,小泉典章,小原圭司
(6) 厚労科研 危険ドラッグを含む薬物乱用・依存状況の実態把握と薬物依存症者の社会復帰に向けた支援に関する研究「精神保健福祉センターにおける家族心理教育プログラムの普及と評価に関する研究」 (分担研究者 近藤あゆみ)白川教人
(7) 平成28年度自死遺族支援グループ調査 白川教人,自殺対策・自死遺族支援ワーキンググループ
 平成28年度学会発表
(1) 日本精神神経学会第112回学術総会シンポジウム46「精神科救急事例に対する取組―保健・福祉・医療の連携を中心に― 太田順一郎,浅見隆康,他
(2) 日本精神神経学会第112回学術総会シンポジウム51「精神保健福祉センターにおける自殺対策の取り組みについて」 太田順一郎,二宮貴至,波床将材,辻本哲士,田中治,他
(3) 日本司法精神医学会大会第12 回シンポジウムII「医療観察法医療から地域精神保健への移行」 辻本哲士,他
(4) 日本公衆衛生学会「第75回 日本公衆衛生学会総会」公募シンポジウム 地域精神保健福祉における精神保健福祉センターと保健所の連携の現状とこれからのあり方 全国精神保健福祉センター長会 田邉等、白川教人、原田豊、二宮貴至、辻本哲士、野口正行
9 厚生労働省精神・障害保健課等との意見交換  随時
10 センター長会会報「第56号」発行  会報委員会
11 会議等への出席
(1) 全国こころのケアチーム連絡協議会(福島,河野(通))
(2) ひきこもり地域支援センター全国連絡協議会(小野)
(3) 自殺予防総合対策推進コンソーシアム(田中)
(4) 精神保健従事者団体懇談会(井上)
(5)DPAT運営協議会(白川(アドバイザー))
(6) 全国精神医療審査会連絡協議会(年2回)(白川(全審連副会長),太田)
(7) 日本精神神経学会災害支援委員会(福島)
(8) 薬物乱用問題対策関係者会議(白川)
(9) 公衆衛生情報編集委員会(隔月)(白川,東京近郊役員が代行)
(10) アルコール健康障害対策関係者会議(白川)
12 センター長会ホームページの運営  ホームページ委員会
13 課題別ワーキンググループ  各ワーキンググループ
14 その他